2019/09/29 「ザ・カラマステン」にサークル参加します【テ-38】

お品書き(ザ・カラマステン)

 

(イベントサイトURL:https://colormas.net/)

(新刊・既刊サンプル:http://stifle-days.itigo.jp/02_book.html)

 

2019/09/29(日)に、京セラドーム大阪・スカイホール で開催の

「ザ・カラマステン」にサークル参加します。

 

弊サークルの二度目のイベント参加となります。よろしくお願いします。

 

頒布内容の詳細などは、「記事の続き」にて

---

このページを開いてくださった方、ありがとうございます。

ということで、各頒布物の詳細をつらつらと。

 


○新刊:『非実在性ありす症候群』

 

サンプル:http://stifle-days.itigo.jp/sample/stifledays_book02_sample.pdf

 

pixivにて公開した、同名作品の再録です。

ありふみの恋愛小説として書かれたはずだが……はたして。

 

再録とうたっているものの、文章の方は誤字脱字の訂正に留まらず、かなり変わっています。

ちょっとでも読んだことのある方なら、すぐに「あれ?」となるかもしれません。

 

内容は変わっていないのですが、読みやすくつまづきにくくなるように気を払いました。

例えば原文は、主人公である文香さんの「プロデューサーさん」に対する呼び方が統一されていなかったのですがそれを統一したり、奏さんによる二人称表記も「貴女」だったり「貴方」だったり意味も無くバラバラになっていたのですが、公式に準じた「貴女」へ修正しました。

 

他にも、誤記の訂正はもちろん、前後のつながりが分かりやすくなるように表現そのものを大きく変えることもやっています。

というか、気がついたときには収録作業は全部の文章にケチをつけるつもりでやってました。

時間があったら、全部変えたかったですね……。

 

そのせいで、後書きの内容が大きく犠牲になっています。(※書き上げたのは締め切り30分前)

本来は語りたかった内容を書けてなかったり、冷静でなかったりするので、いずれこのブログの方に「本当の後書き」みたいなもの書いてみたいです。

 

表紙イラストは、前回に引き続きはつが丸様に依頼しました! 挿絵も3枚!

結果、すごい(ここで語るには余白が足りない)イラストにお話を彩ってもらえることになりました。

どれも素晴らしいんですけど! 特に、奏さんのイラストは、作中の志希にゃんが「見たこともない顔」と評するに相応しいほどのものになっています!

みんな……見て……みて……!

 


○既刊:『燐光のヴァルキュリア』

 

サンプル:http://stifle-days.itigo.jp/sample/stifledays_book01_sample.pdf

 

前回参加した『in fact blue se』に持って行った既刊です。

つまるところ、弊サークルの記念すべき一冊目。

 

頒布当日からもったいないほどのお褒めの言葉をいただいたり、イベント頒布から一ヶ月も経たないうちに通販在庫も含め在庫が空になった(!)ので、また刷りました。

 

自分の好きな物を詰め込んだお話なのですが、なんだか面白いし読みやすいしって評判だそうで。

Twitterで『燐光のヴァルキュリア』って検索すれば、今も感想出るみたいです。

人によっては熱心に布教されているというお話も聞くので、本当にありがたい限りです。

 

万が一反響があったら続編も書いてみたいなぁ……と、先の展開をぼんやり想像していたのですが、本当に反響が、それも気のせいと看過できない程の後押しをいただいたので、続刊もいずれ出します。

 

こちら、文章には大きな変更を施していないものの、後で気づいた誤記を修正しています。

また、紙やカバーの使用を後述のものに刷新しました。

 


○共通仕様について

 

表紙カバーは、今回からPP加工(ツヤあり)に。

本文は、上質紙(白色)から書籍用のキンマリ(淡クリーム色)に。

 

印刷コストは上がりましたが、ますます文庫本らしい趣となりました!

(※カバーはまだ届いていないので、あくまで予定)

 

また、本文の文字は、体裁が崩れない程度にちょこっとだけ大きくしました。

淡クリームキンマリと合わせて読みやすく、目への負担が軽減されるようになりました。

 


○電子書籍版、ブックカバー

 

そして、お品書き記載の「電子書籍版」。

今までBOOTH購入者のみに配っていた電子版を、今回はイベントでお買い上げの方にも差し上げます!

イメージとしては、本記事に貼ったサンプルが、最後まで読めるようになったような感じです。

 

ダウンロード方法は、帯紙に書かれたQRコードからダウンロードページへアクセスして、シリアルコードを入力するだけ。

ダウンロードページは現在鋭意作成中です!!(死にそうな顔)

容量は5Mバイト程度(200回ぐらいダウンロードしてようやくギガ)なので、スマートフォンにも優しいはず。

ページ数が多いので、どこにでも持ち歩いて、お手すきのときに読み進めていただければ作者冥利に尽きます。

 

また、前回のイベントで地味に好評をいただいたので、今回もブックカバーを無料配布することにしました。

(※本を購入してくださった方のみ対象。1冊につき1枚)

デザインは無難なものになっているので、人目が気になる方も是非!

 


 

ということで、以上でイベント参加の告知(詳細)となります。

まだ2度目のイベントだったり、初めての試みが多かったり(というか電子版配布は、もしかしたらデレマス二次ではあまり例のない試みかも)、そもそも新刊既刊を手に取ってもらえるかどうか不安だったりするのですが、興味のある方は是非足を運んでいただければ幸いです。

 

当日は、よろしくお願いいたします!

コメント